アトリエの改修工事

014

画像は、アトリエの作業台となった大理石「ビアンコカラーラ」
イタリアの、とても美しい石がやってきました。

暑中お見舞い申し上げます。
 
猛暑が続いておりますが、みなさまお変わりございませんか?

fumufumu+は、夏休みに入り、アトリエの改修工事が始まりました。
昨日で、ほとんどの工事がおわり、あとはエアコンの入れ替えだけになりました。

暑い暑い夏。
準備も大変でしたが、作業をして下さる職人さんたちも、毎日、本当にお疲れさまでした。

ちょっととぼけた『顔』のようにもみえる可愛らしいラミノワール。
フランス製パンの学校時代も同じ機種をつかっていましたが、
良いご縁に恵まれて程度の良い中古をゆずって頂くことができました。

 

今回の改修工事は、昨年の夏頃から計画していたのですが、
実は、計画当初は、店舗部分の増築を予定していました。

4年目を迎えるにあたって、ちいさなお店を作れたらいいな、と思っていたのですが、
偶然、この可愛いラミノワールと出会ったことがきっかけとなり、
設計士さんと打ち合わせを重ねるなかで、
自分に『今、必要なことが何か?』を見つめた結果、
増築→改修工事へと、変更になりました。

200kgにもなる石の設置。緊張感がすごかったです。 ラミ導入にあたり必須条件だった冷蔵庫の入れ替え。コールドテーブルがやってきました。 収納も課題のひとつ。あれこれと工夫して。

013 05 01

ラミを入れると決めてからは、狭い工房にどう設置するかが、大きな問題でした。
結局、冷蔵庫をはじめ、機材の入れ替え、作業台の位置替え、動力工事、
大理石の天板の設置まで、思っていたよりずっと、大掛かりな工事となりました。

もちろん、結果としては、とても綺麗に仕上がり、
これから秋に向けて、どんなお菓子やパンをつくろうかと、
ワクワクするアトリエになりましたが!^ー^

ビアンコカラーラの作業台は、関ヶ原石材(株)さんにおねがいしました。
これほどの大きな石を扱っている会社がなかなか見つからず、どうなることかと思いましたが、
担当のTさん、Mさんはじめ、石の職人さんたち、多くの方にご協力頂いて、無事に設置できました。
ありがとうございました!お世話になりました^ー^

 
大理石の天板は、磨いて頂いているので、今は本当に鏡のようです。
これからいろいろなものを作るうちに、こんなにピカピカではなくなっていくと思いますが、
それはそれで良いかな、と思っています。
作ったお菓子の数だけ、石の風格も増すと思って、大切に、どんどん使おう!と思います(笑

それにしても、毎度のことですが、リフォームって疲れますね(^^;
お約束のアクシデントもちょっぴりあったりで、それを乗り越えて、
今日のこのブログを書く時間に至っております。

アトリエ内は、だいぶ片付きましたが、
これからまた細かいところまで、収納などみなおし作業が残っています。
秋以降、レッスンや販売をしっかりやっていけるように、
夏休みをフルに活かして、片付け作業も頑張ろうと思います。

8月の中頃には、9月のレッスンや、SHOP OPENのご案内をしたいと思っています。
久しぶりに、ホシノ酵母の初めてクラスも実施予定です。
新しいアトリエで、お目かかれます日を、心より楽しみにしております。

なにはともあれ、暑い時期の工事、怪我や事故がなく、無事におわり、ホッとしました。

最後になりましたが、工事にあたりお世話になりました、たくさんの方に、
心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。

 

コメントを残す