3月の焼き菓子レッスン/タルト・フレーズ

20140304_1030404

春の陽射しが暖かな午後。
 
昨日は2013年度最後の、焼き菓子レッスンでした。
メニューは「Tarte aux Fraises 」
ひな祭りが過ぎてしまい、とても残念なのですが、ご覧のとおり、乙女チックなとても春らしいタルトです。

20140304_1030402
今回、ルセットはシンプルに徹し、クラシックな数字を動かさずに作りました。
昔からある、ある意味「淘汰」された、動かしようのない数字です。

そこに、意味があり、それをどう読み解き、手を動かすかで、大きく味に変化がでるルセットでもあります。

誰もが知っていることだから、誰もが同じに作ることができるかというと、実はそうではなく、ルセットの意味をきちんと理解し、
それに必要な技術を身につけつくるからこそ、生まれてくるおいしさというものがあります。

アトリエをひらいて3年目になりますが、たくさんのお菓子やパンを作れば作るほど、ルセット(数字)は大切だけれど、
それをきちんと表現するには『技術』が必要なのだと、折りにふれ感じます。

2013年度の締めくくりのレッスンは、そういう意味も含めて、凝った数字にはしませんでした。

そして、古くからあるルセットには、もうひとつの側面も….。

先述の表記と相反するように感じるかもしれませんが、どう作っても、間違いなくおいしい。ということ。
古くからあるルセットは、食文化と深く結びついています。
そうなるべくしてなった数字なので、ちょっとくらい、うまく行かない工程があったとしても、
家庭で召し上がるには、十分おいしく焼き上がってくれる、という懐深さも持ち合わせています。

『Tarte aux Fraises』は、とても見栄えのするタルトですが、フランス菓子にしては、工程が少なく、取り組みやすいお菓子です。

追求すれば、どこまでも切りがありませんが、楽しいんで作ることができる、シンプルなルセットの組合せです。

苺のおいしい季節に、ぜひたくさん作って下さい。

くどくどと長くなりましたが、この1年も、たくさんのお菓子をご紹介できて、とても楽しかったです!

4月からのことは、ちっとも決まっておらず、またギリギリな感じですが(汗、決まり次第、お知らせ致しますね。

お時間が許すようでしたら、またぜひ、アトリエに遊びに来てください。

1年間ありがとうございました。
来年度も、どうぞよろしくおねがい申し上げます。

20140304_1030406

コメントを残す