植物性100%の角食パン

carre1
5月17日、18日と開催される vege&forkマーケットに参加させて頂きます。

今年で8回目となるこのマーケットは、川崎市にある麻生区環境センターという、
緑と水に恵まれた、とても美しい場所で開催されます。

オーガニック、であったり、マクロビオティック、であったり、
身体と心にやさしい食べ物、生き方、生活を取り巻く様々なものに焦点をあてて、
この日だけは、ちょっと身体のこと、心のこと、地球のこと、あれこれ考えてみようよ、
というような、主旨で開催されています。

fumufumu+のパンを召し上がったことがある方なら、ご存知かと思いますが、
私のパンは、まずは、「おいしいこと」が大前提。

いつもの販売では、動物性食品を排除するとか、マクロビオティック的に陰陽を考えるとか、
そういったことは、まったく意識せずに焼いています。

毎月お届けしているパンセットにも、
できるだけオーガニックであったり、とことん上質な食材をつかってはいますが、
おいしさを優先して、チーズをたっぷりつかったり、マヨネーズが少々かかっていたり、
ベーコンや胡椒ががっつり入っていたり、カスタードが使われていたりします。

けれども、実は私は、30代後半、
闘病のために、かなり厳格なマクロビオティックを2年ほど実践したことがあります。

私自身は、命に別状のある病気ではありませんでしたけれども、
一緒に学ぶ方々の中には、癌を克服するためであったり、
難病を克服するためであったり、命に関わる、本当に重い決心で、
真剣に食と向き合い、実践し、病気を克服していく方がたくさんいらっしゃいました。

今では、すっかり元気になったこともあって、普段はわりと自由な食事をしていますが、
そういう、『食』の持つパワーを目の当たりにした経験から、
体調が悪くなった時には、薬よりまず、食事で身体を整えるということを、
今もって実践しています。

今回、vege&forkマーケットに出展するにあたって、
ご来場下さるお客様に、私がなにをお届けできるだろうと考えた時、まず最初に、
やはり身体に負担の少ない、粉、水、酵母、それだけで出来ているパン…
つまりは、ハード系のパンが良いだろうと考えました。

もちろん、そういったパンを中心に並べます。

だけれども、私たち日本人がパンを主食として食するとき、
欧米人と比べた唾液の量や、顎の力や、また、私たちが本来、農耕民族であること、
つまり日本人であることを考えるとき、
『食パン』を抜きにして、日本のパン屋とは云えないだろうと、
そんなことを考えたのです。

fumufumu+の、毎月の定例のセット販売の際に登場する食パンは、
山食も角食も、スキムミルクやバターを配合した、風味豊かな食事パンです。
これは、どんな年齢層の方にも、
「すっぱい、固い」という天然酵母パンへの偏見を持たず、
美味しくめしあがって頂きたい気持ちから起こしたレシピで焼いているからです。

いままで、自分が食べてきた山、角食パンの中に、
動物性食品を排除してもなお、さっくりと、ふんわりとやわらかで、
のどごしよくなめらかで、子どもも、お年寄りも、食べやすい、というものが、ほとんどありませんでした。

出店のお話をいただいてから、ずっと、私が考えていたことは、

乳製品にアレルギーがあっても、
マクロビオティックを実践していても、
病気があって、動物性排除という食事制限があっても、
おいしく食べられる、柔らかで風味豊かな食パンは焼けないだろうか?ということでした。

そして、出店がきまってから、毎日のように、焼いてみて、
これならば、と納得できるものが、やっと焼き上がりました。

vege&forkマーケットに、新しい角食パンを並べます。

使っている材料以下のとおり。

小麦粉、酵母、水、塩、茶色い砂糖を極少々、
少量のオーガニックショートニング 

シンプルなハード系のパンのような材料ですが、
ふんわり、サクッとさせるため、パンの製法に工夫を凝らしました。

もちろん、これを厚切りにして、カリッとトーストして、
とっておきのバターとハチミツをたっぷりとぬって召し上がって頂いても、
とてもとてもおいしいです!

私個人的には、このパンをトーストして、熱々のうちに、白胡麻絹ペーストをぬって、
少しだけメープルシロップをたらしたり、
ちょっと贅沢をする日には、自家製の粒あんをのせたりして、パクッとかぶりつくのが大好きです。

vege&forkマーケットにいらして下さる、たくさんの方に、
天然酵母と、粉の風味が感じられるfumufumu+の植物性100%の角食パンを召し上がって頂けましたら、
とても嬉しく、そして有り難く存じます。

マーケット開催まで、あと20日を切りました。
たくさんおいしいパンが並べられるよう、試作どんどん頑張ろうと思います^ー^

みなさまのご来場を、心よりお待ち申し上げます。

コメントを残す